【雑記】ついにOculus Riftを買った

どうもセロリです。

ついにVRデビューしました。

ついでに最近買ったものも紹介していきます。

 

Oculus Rift

f:id:serori_daikon:20180607175525j:plain

 

OculusのTouch同梱版を購入しました。

Oculus本体が大体7万円、Touchが大体1.8万円で8.8万円。

同梱版は5.6万円なので、3.2万円分お得、本体に付属しているXboxコントローラーの分を差し引いても2.7万円ほどお得です。

viveとちょっと悩みましたが、Amazonだと8万近くするviveと比べてお手頃*1なので今回はOculusを買いました。

 

セッティング前に試着してみよーって思って本体を頭に装着。

しかしここで問題が発生。

 

わお「眼鏡の圧迫がやばい😂」

 

後からググったんですけど、Oculusって眼鏡ユーザーにかなり厳しい設計になってて、眼鏡ユーザーはvive買った方がいいとか言われてました。

Oculus買っちゃった人にはリーフツアラーっていう本来シュノーケルにつける用途の度入りレンズを流用する方法が紹介されていたので、しょうがないんでそれを買うのもありかなーって思ったんですけど

 

わお「度数がわからねぇ…😊」

 

いざ買ってみて度数合わないとなったら二度手間。

つうわけで後日近くのZOFFで小さいめの眼鏡を買ってきました。お値段なんと5000円。

店で視力測ってもらえるんで、度数合わないとかないのでその点安心できます。

 

帰宅次第ZOFFで買った眼鏡をつけてOculusも装着。サイズがピッタリでこれにはワイもニッコリ。

 

早速steamでH3VRを購入しました。

store.steampowered.com

 

VR内で色々な銃をぶっ放せるので滅茶苦茶面白いです。ストレス発散にいいかも。

今はちょっとお金に余裕がないのでもう少ししたら色々VR対応のソフトを買おうかなと思ってます。

 

一応自分の環境です。

グラボが980ti、メモリが32GB、CPUがCore i7 5960X。

3、4年前の構成ですが今のところ問題なく稼働してます。

 

間仕切り

f:id:serori_daikon:20180607175549j:plain

今までも何回かエアガンを壁にかけて飾ろうと挑戦していたのですが、どうしても壁に負担がかかってしまうので。どうしたものかと思いあぐねていました。

それを解決する便利グッズがあったので早速購入。

それが間仕切りです。

本来の用途は名前の通り仕切りみたいな感じで、部屋の中心で使うものなんですけど、今回は壁に沿わせて使うことにしました。

お陰で写真通りに壁に負担をかけずに飾れます。結構な重量まで耐えられるのでぐらつきもありません。カタログによるとパネル1枚辺り10kgぐらいまでは耐えられるみたいです。

 

網目の大きさが大きくてそのままだと100均のフックがピッタリ合わないので、一番下のパネルを100均の物に変えて軽いものをぶら下げる用途で使ってます。

変えるといっても2枚目のパネルの下に100均の結束バンドで括りつけているだけですが。

f:id:serori_daikon:20180607184319j:plain

結果的に2枚目のパネルに結構負担がかかる形になってますが、軽いものをぶら下げてるだけなので現状ずり落ちるというようなことはないです。

 

すごい便利なので追加で購入も考えてます。エレキギターとかもかけられるらしい。

そこまでぶら下げるものもないけど、ケーブルとかフックで下げておくのに便利なので。

 

キムワイプと無水エタノール

f:id:serori_daikon:20180607175544j:plain

みんな大好きキムワイプ

無水エタノールとの組み合わせでPC周りの掃除がすごい捗るようになりました。

キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200

キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200

 
JKワイパー 150-S 62301

JKワイパー 150-S 62301

 

 

BBTAG

f:id:serori_daikon:20180607175539j:plain

買ったけどまだ一回もプレイしていない。

 

マイク

ソニー SONY コンデンサーマイク モノラル/PCボーカル用 USB接続対応 マイクスタンド付属 ECM-PCV80U

ソニー SONY コンデンサーマイク モノラル/PCボーカル用 USB接続対応 マイクスタンド付属 ECM-PCV80U

 
ソニー SONY コンデンサーマイク モノラル/PC通話用 マイクスタンド・ホルダークリップ付属 ECM-PC60
 

 

 ICEY

Nintendo Switchで日本語版が出たとのことで購入。パッケージ版はなくダウンロード版しかありません。

 

steamやPS4でも出ていたのですが、日本語に対応していなかったので今まで手を出せずにいました。

メタ要素多めでナレーションがめちゃくちゃ面白いのが本作の魅力なので、日本語対応は素直にうれしいです。別のプラットフォームでも日本語にローカライズするらしいので待ち遠しいです。

 

本編をクリアするだけならただの一本道の横スクロールアクションなのですが、隠し部屋(隠し要素)が多いので、予想以上にボリュームがありました。

戦闘や表向きのストーリーにそこまで捻りがあるわけではないのですが、少ないリソースでもアイディア次第で面白くできるというのを再認識されられた良ゲームだったと思います。

設定もポストアポカリプス感があって非常に興味を惹かれるものでした。設定資料集とかノベル版とか出てくれたらぜひとも買いたいですね。

メタ要素とのギャップがさらに際立つ設定でした。

 

トゥルーエンドでちょっぴり泣きそうになりました(単純)

ec.nintendo.com

 おわり

*1:お手頃といっても6万近くしますけど