読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デュエマ】ジャスティスループ アルカディアスパーク型

どうも、せロリです。

久しぶりにデュエマの記事です! 今回は【ジャスティスループ】について書きたいと思います。

 

【ジャスティスループ】の自体は、9月中旬には組んでたんですけど、10月下旬にやっと回し方を理解しました。

中々奥深いデッキだと思います。

ちょっと前のレシピを参考に組んだので《フォースアゲイン》の殿堂や環境の高速化に合わせて調整するのに手間取りました。

で、その時からずっと記事を書きたいと思っていたんですが、やっと時間をとれたので書いていきます。

(最近クソ記事ばっかですいませんでした)

 

新しいフィニッシュの方法を考えたので、認知して欲しくて書きました。

正直僕のレシピは弱いですが、見てくれた方の研究の参考にしてもらえれば幸いです。

とりあえずレシピを載せます。

 

《ジャスティスループ アルカディアスパーク型》

【メインデッキ】

4 x エマージェンシー・タイフーン

1 x 再誕の社

2 x ハイドロ・コミューン

2 x サイバー・ブック

1 x フォース・アゲイン

4 x 呪術と脈動の刃

4 x 龍素知新

1 x インフェルノ・サイン

2 x 黒神龍ブライゼナーガ

4 x ウェディング・ゲート

1 x 超次元ガロウズ・ホール

3 x 大地と永遠の神門

4 x 聖霊左神ジャスティス

4 x 目的不明の作戦

3 x アルカディア・スパーク

 

【超次元】

1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト

1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック

 

ループのメモ

前知識としてループの解説を。

まず前提条件として、デッキを《龍素知新》を含む5枚以下にします。

《ジャスティス》を連打しとけば自然になります。

 

祝門→ジャスティスa、ジャスティスb

ジャスティスa→知新→知新→祝門→ジャスティスc、ジャスティスd

ジャスティスb→知新→知新→ハイコミュ→ジャスティス全バウンス

※この段階で《ジャスティス》のストックが2体分残っています。

 

①ジャスティスc→知新→知新→祝門→ジャスティスa、ジャスティスb

②ジャスティスa→知新→知新→祝門→ジャスティスc、ジャスティスd

③ジャスティスb→知新→知新→ハイコミュ→ジャスティス全バウンス

④ ①に戻る。

※ここまででループが確定します

※ジャスティスdを使っていないのでこの段階で《ジャスティス》のストックが3体分残っています。

 

見ればわかるように、ループに必要な《ジャスティス》は《祝門》、《祝門》、《ハイコミュ》を打つ3体で、《祝門》で出てくる《ジャスティス》が4体なので《ジャスティス》処理が1回ずつ増えていきます。

後は余分にストックされた分の《ジャスティス》効果で《知新》を経由してコスト7以下の任意の呪文を連打します。これを繰り返す。

ここ重要です。これに関して記事の後半で語ります。【ジャスティスループ】というデッキタイプが、7コスト以下の呪文を無限に使って勝つデッキだということを 念頭に置いておいて下さい。

 

従来のトンギヌスの槍型について

f:id:serori_daikon:20161122112038j:plain

さて、従来の【ジャスティスループ】は任意で打つコスト7以下の呪文を《トンギヌスの槍》にし、無限に放つことで相手の場、盾、マナゾーンをすべて吹き飛ばし、安全にダイレクトアタックを決めるのがフィニッシュ方法でした。

 

しかし、トンギヌスループは相手のハンドに触れることが出来ないのです。

今までならシノビすら使えないので気にする必要はありませんでしたが、カードプールの充実化でそうも言えなくなってきました。

革命0トリガーの存在。

つまり、ボルドギ鉄拳で耐えられる可能性があるということです。返しのターン、こちらの盾によってはカウンターでダイレクトされかねません。

特に現環境のtier1である【赤黒ドギラゴン剣】を相手にした場合は、耐えて攻勢に転じても逆にボルドギでカウンターされるのは十分にありえることです。

 

そして《トンギヌスの槍》というカード単体の弱さに目が行きます。手打ちするにも微妙で、トリガーすらついていないこのカード。

書いてある効果自体は強いのですが、環境についていけず置いていかれた感が否めません。

現環境で使うには辛いカードです。

 

さてここで思い出して欲しいデッキがあります。

オプティマスループ】です。

f:id:serori_daikon:20161122120215j:plain

 

オプティマス》+《コートニー》+《ラララライフ》を揃えることでマナを無限に増やし、その後増えたマナから《チュレンテンホウ》+《コンチェルト》を揃えることでマナを無限アンタップ&無限に呪文回収。

《コンチェルト》で無限にマナをアンタップしつつ無限の回数《トンギヌス》を回収します。つまり、《トンギヌス》と《コンチェルト》を交互に打つ無限ループが成立します。

従来のジャスティスループと同じく、《トンギヌス》を無限に放つことで相手の場、盾、マナゾーンをすべて吹き飛ばし、安全にダイレクトアタックを決めるのが主な勝ち筋でした。

 

このデッキも環境についていけず、一時は下位環境に叩き落とされたデッキタイプの一つです。

 

しかし、【オプティマスループ】はカードプールが増えるとともに瞬く間に環境に復帰しました。

 

まず、《ズンドコ晴れ舞台》。新カードタイプのD2フィールドであり、ターンを返しても除去されにくいのが特徴です。このカードの登場で、早い段階で、相手のターンを跨がずに《オプティマス》+《コートニー》+《ラララライフ》を揃えることが可能になりました。

まぁこのカードは今回の記事には関係ないので詳しくは省きます。

 

続いて、現れたのが《アルカディア・スパーク》というカード。

f:id:serori_daikon:20161122112035j:plain

モードで『デッキバウンス&強制1ドロー』か『全タップ』を選べます。

この強制ドローが強いです。

オプティマスループ】は《トンギヌス》の代わりにこのカードを使いまわし、相手に無限に強制1ドローをさせLOによるExwinを狙うようになりました。

また、トンギヌスと違ってトリガー持ちなので、防御札としても活躍します。

役割が増えたことで、デッキに複数枚入れても腐りにくいです。

 

僕はこのカードに目をつけました。

 

【ジャスティスループ】にも《アルカディアスパーク》を採用したら強いんじゃないか?

そう考えレシピを練り始めたブログ主。

 

が、早速壁が立ちはだかります。《アルカディア・スパーク》は8コスなので、《知新(7コス以下を唱える)》では唱えられません。これは困った。

 

ここで僕はなんとかアイディアをひねり出しました。

そうだ、間に何かを中継しよう。

 

ジャスティス→知新→知新→『何か』→アルカディアスパーク

これで問題は解決します。
しかし、ジャスティスや知新で唱えられる呪文で、なおかつ《アルカディア・スパーク》を唱えられる、そんな都合のいいカードが・・・

 

f:id:serori_daikon:20161122112037j:plain

あ り ま し た。


呪術と脈動の刃 闇/自然文明
コスト5 呪文
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■自分のマナゾーンから、「S・トリガー」付きの呪文を1枚選ぶ。その呪文を、コストを支払わずに唱えてもよい。 

アルカディア・スパーク》はトリガー持ちなので、なんと《呪術と脈動の刃》でマナから唱えることができるのです。これは強い。

《呪術と脈動の刃》自体は古くからジャスティスループに入っているカードなので、無理に枠を割くこと無く投入ができます。

本当に価値のあるものは足元に落ちているものですね。


しかし、今度は唱え終わった《アルカディア・スパーク》を、墓地からマナに送るカードが必要になりました。

ジャスティスや知新で唱えられる呪文で墓地からマナに送るカード。そんなカード本当にあるのか。

 

今度こそ窮地に立たされ・・・

 

f:id:serori_daikon:20161122112033j:plain

や っ た ぜ。

 

再誕の社 自然文明

コスト3 呪文

■カードを2枚まで、自分の墓地からマナゾーンに置く。 


色もばっちり。

 

このカードは単体では弱く、環境に見合ったスペックを持っていませんが、今回はコンセプトにぴったりだったので採用。

 

この2枚によってレシピが固まりました。

後は調整した結果上記のレシピに。

 

色々入れたいカードはあるんですが、これからまだまだ調整していきたいと思っています。

 

戦い方

既存のジャスティスループの最中に《再誕の社》と《呪術と脈動の刃》を交互にブッパするだけです。ループのやり方は上記のメモを参考に。


①《再誕の社》で《アルカディアスパーク》をマナに。

②《呪術と脈動の刃》でマナから《アルカディアスパーク》を唱える。

③ ①に戻る。

以下ループです。

 

ループパーツが他の役割も持っているので腐るカードが少ないのがポイントです。

 

記事は以上です。

今回は真面目な記事でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

終わりです。

 

一応採用理由を載せて置きますね。

 

採用理由

エマージェンシー・タイフーン
サイバー・ブック

ハンド整理用。《エマタイ》はループ時に必要なフィニッシュパーツを墓地に送る役割も。

 

再誕の社

ループ時に《アルカディアスパーク》をマナに送る。

一応《エマタイ》から2→3→6が出来る。

 

ハイドロ・コミューン

ループパーツ&防御札。

 

フォース・アゲイン

《ジャスティス》からデッキ圧縮。

 

呪術と脈動の刃
龍素知新
目的不明の作戦

ループパーツで尚且つ状況に応じて色々なカードに化ける。

《呪術と脈動の刃》はマナから《目的不明》唱えることで擬似的な《知新》として使える。

 
インフェルノ・サイン
大地と永遠の神門

墓地から釣り上げるカードが必要に感じたので採用。

サインは《ブライゼ》蘇生用に採用したが《ジャスティス》にも使う。

 

黒神龍ブライゼナーガ

盾落ち保険。

 

ウェディング・ゲート
聖霊左神ジャスティス

デッキコンセプト。ループパーツ。

 

超次元ガロウズ・ホール

サブプランとしてガロホループができる。

《ジャスティス》が3枚しか見えない時にでも《ヴォルグ》が連打できる。

 

アルカディア・スパーク

フィニッシュ&防御札。

 

 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
 ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック

《ガロホ》から。

《ヴォルグ》はサブプランで乱打用。