読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デュエマ】2ヵ月振りのデュエマ 環境&殿堂について思うこと

夏の長期休業中につきしばらくデュエマから離れていました。ついでにブログからも。

 

最近デュエマのモチベが上がってきて、それに伴いブログの方もまた更新していこうかなと。

いや別にデュエマ専用のブログとかでもないんですが、他に書くこともないもので更新してませんでした。

まぁこれからはたまーに更新していこうと思います。

 

境について

さて、2、3ヵ月離れていた間にかなりメタ環境が変わってますね。ちょっと浦島状態です。

僕がやっていたころは、モルネク、天門、ヘルボ、サソリ、イメン、レッゾ系、刃鬼、青黒ハンデスが日夜熾烈な争いを繰り広げ、3killドギバス、サソリスループ、赤黒デッゾが新しく力をつけていたのですが、今はドギバス系、赤黒デッゾ、サソリ、サソリスループ、青白サザン、ドロマーハンデスが環境を支配しているようですね。

プチョ刃鬼やオプティマスループ、緑天門、5Cジャクポもちらほら見かけます。3killドギバスやかの有名なレッゾはどこに行ったんですかね。

 

環境に合わせて作ったデッキ

いい機会なので、以前から組んでいた赤黒緑ドギバスを環境に合わせカウンタードギバスに組み替え、青黒ハンデスをドロマー超次元に組み替え、天門を緑天門に組み替え、新しくサソリスループと青白サザン、赤黒デッゾを組みました。

なんかサソリス4投したデッキが多いですね。なんだかんだで4つ目です。

それと現在オプティマスループのパーツも集めています。残りは肝心のオプティマスだけなんですが売り切れで買えませんでした。非常に悲しいです。

そのうち上記のレシピもぼちぼち載せるかもしれません。

 

それと新しいクロニクルデッキ、精霊王の創世と終焉の悪魔神、一応買いました。パーツ回収にとりあえず2つずつ。TCGはほんと金が飛びますね。

この2つはどうせ環境入りしないだろうと思っていたのですが、なんだかんだ言って環境デッキと渡り歩いているようですね。

後まさか両方のデッキから天門に採用されるカードが出るとは思いませんでした。

 

それにしてもデッキが急に増えたのでスリーブが足りないです。

 

殿堂について

f:id:serori_daikon:20160929110142j:plain

《王機聖者ミル・アーマ》殿堂解除

ドロマーカラーで3→5の動きを実現できる数少ないカード。超次元呪文を雑に打てる。ついに4積み出来るようになった。

デッキに入れられる枚数が1枚と、他のカードに比べて1枚が4枚分の価値があったカードなので、2枚入れれば4枚分、4枚入れれば16枚分の働きが期待できるんじゃないでしょうか。

入れるデッキがあるとしたらやはりドロマー超次元ですかね~

昔は壊れカードでしたが環境が高速化した今、3ターン目に出して強いカードと言えないのがインフレを感じさせます。

しかし、決して弱いカードではないと思うので居場所を見つけてあげたい1枚ですね。

 

f:id:serori_daikon:20160929101205j:plain

《フェアリー・ギフト》殿堂

1枚ハンドを切ることで、後には2ブーストをしたという結果だけを残す。

僕はモルネクやコンボデッキに入れていました。

主に被害を受けたのはコンボデッキですね。モルネクは2ヵ月前ですでにギフトの入っていない構築が多かったので、この機会に抜きました。

具体的に言うとギフトガチロボやギフトミスキューが甚大な被害を受けたのですが、コンボデッキに関してはキングシビレアシダケ等でカバーできると言えばできるのでなかったことにしましょう。

 

f:id:serori_daikon:20160929101506j:plain

《フォース・アゲイン》殿堂

クリーチャーのcipを使いまわし、自身も使いまわされるカード。

僕が入れていたデッキは天門ループと知新ロマノフです。

天門ループは動きが鈍くなりましたね。しかし転生スイッチと天門でループできるようなので、大きな被害はないようです。

天門の影響としてはループ完成後のフィニッシュ手段の種類が少なくなってしまったことでしょうか。

そして残念ながらマークロは死んだようですね。離れる前に組もうと思ってたんで残念です。

知新ロマノフは環境入りしていた頃に作って以来、ほったらかしにしていたので4投していました。ロマノフに関してはまぁ、アゲイン必須というわけでもないのでなかったことにしましょう。

 

f:id:serori_daikon:20160929101430j:plain

《邪帝斧 ボアロアックス》殿堂

ループやワンショットの要。マナゾーンを手札に変えるカードです。

僕が持っているデッキで影響を受けたのはイメンとサソリの入っているデッキですね。

しかし、これは特に被害はないですね。イメン然りサソリ然り、2枚目以降はループに入りやすくしたり、展開の補佐的な意味合いが強かったので。

 

f:id:serori_daikon:20160929101314j:plain

《次元流の豪力》プレ殿

5コストで11コス、3打点を用意できるカード。しかもついでのように相手の時間を1ターン遅らせる事ができる。デュエルマスターズでも数少ない、時間に干渉できる能力を持つ1枚。

11コスというと、かのボルサファを越えるサイズであり、VAN、ウェディングと同じサイズである。それが5コストで出せるのだ。如何に強いカードなのか理解して頂けただろうか。僕には理解できません。

プレ殿。ついにデッキに1枚も入れられなくなってしまった。デッキに入れられる最大枚数が0枚ということは実質的に全てのデッキにミランダが0枚入っていることになる。何を言ってるんだコイツは。

僕が持っているデッキで影響を受けたのはやはりサソリとイメンですね。

しかし、あくまでも出せたら強いカードであって、上のカード群のようにコンセプトの根本に関わってくるカードでもなく、十分リペアも可能です(サソリのゴーヤ然り、イメンのアルゴル然り)。

ミランダ勝利リュウセイで11コス確保はデカく、ボアロ龍解させつつ相手を1ターン遅らせるという動きは強かったですが。

こういう穴こそプレイングで塞ぐべき穴なんじゃないんでしょうかね。

 

まぁざっと思ったことを並べました。

雑に終わらせますがこれからもよろしくお願いします。