文系芸大勢の本棚

今週のお題「わたしの本棚」

 

ネタ尽きてきたので今週のお題に手を染めます。

 

というわけで自慢するほどものではありませんが本棚紹介。

 

本棚には読み終わった参考にしたい本を入れるようにしてます。

読む前の本だったり、読み終わったけど当分見ることはないだろう本は積んで放置。

 

普段使ってる本棚には小説が多めです。

 

写真はちょっと前に撮ったものですが、こんな感じで森見登美彦氏と万城目学氏の本は一通り揃えております。

f:id:serori_daikon:20160708003204j:plain

森見登美彦にハマったのは小学生の時に新訳走れメロスを買ったのがきっかけで、高校時代に再熱して集め始めました。

四畳半神話大系は全国の腐れ大学生の憧れです。

 

あと、私は大学でミス研に所属しているので、ミステリー小説が比較的多いです。

またミステリー小説を書く時、参考にするために本棚に極力入れるようにしています。

今は氷菓シリーズをコツコツと集めてますね。

 

時点で海外SF。

昔からSF作品が好きなので、名残で結構本棚に残ってます。

オススメは「星を継ぐもの」。

 

漫画はマイナーなものが多いですね。そして大半は高校時代に入ってから買い始めたものです。

おすすめは「コッペリオン」と「共学高校のゲンジツ」。

 

後、格ゲー関連の本も一通り。

ウメちゃんやときどさんの本と、漫画「ウメハラ」ですね。

この辺は高校の友人の影響が強い。

 

本棚から外れますが、置き場なくて積んでるのが、星新一の本です。

小学生の時はとにかく読み漁りました。

 

パパッと書いて終わり!