読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デュエマ】ギョギョウは強い

以前からコツコツと改良してきた緑単ギョギョウを、サソリスが3枚集まったことに合わせて大幅に改修しました。

 

 

大まかな構築は下記のサソリスを参考にしてます。

【デュエマ】そり!そりすぎてサソリ組んだw

 

『緑単ギョギョウ』

自然文明

4 x トレジャー・マップ

2 x 未来設計図

1 x ダンディ・ナスオ

4 x 霞み妖精ジャスミン

2 x S級原始 サンマッド
4 x 天真妖精オチャッピィ

2 x 雪精 ジャーベル

1 x 霊騎ラグマール

1 x 掘師の銀

1 x 次元流の豪力

1 x 侵革目 パラスラプト

1 x 雪精 チャケ

3 x 龍覇 マリニャン

4 x 古龍遺跡エウル=ブッカ

3 x 龍覇 サソリス

4 x 革命目 ギョギョウ

 

光文明

1 x 光牙忍ハヤブサマル

 

多色

1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス

 

超次元

2 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス

1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア

1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド

2 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド

 

採用理由

トレジャー・マップ

このデッキはまずギョギョウを引くことから始まるので4枚欲しい。

 

未来設計図

5枚目以降のマップ。何気に1枚多く見れる。

サソリスのジャーベルの枠。

トリガーでブサマルを持ってこれるのはジャーベルにない利点。

もちろんトリガーで引いてギョギョウを持ってきてもいいし、ハンドにギョギョウを握っているなら、進化元のオチャッピィを持ってくるのもあり。

ジャーベルと合わせて4枚。以後ジャーベルが集まるにつれて減るだろうと思う。

 

ダンディ・ナスオ

万能サーチカード。堀師ラグマをマナに埋めつつ、自身も軽さを活かしてギョギョウの種になる。

 

霞み妖精ジャスミン

ご存知初動マナブースト。4枚

 

S級原始 サンマッド

緊急時の打点。

サソリス採用のお陰でボアロが入る用になり、パゴス下でマナから飛ばせる除去カードに。また、オチャがナチュラルトラップに変わる。

2枚で足りるし、不安なら3枚目がいるかなという感じ。これは普通のサソリにもイメンにも言えること。

 

天真妖精オチャッピィ

Sバックで登場し、ギョギョウの進化元にも、サンマの進化元にもなる万能カード。なので4。

素出しで腐らないようにマップジャスミンを早めに使って置きたい。

 

あとなぜかギョギョウのオチャはブラボ版なのに、サソリスのオチャは普通のオチャ。

オタク意識低いな? なんやかんやで、ブラボ版8枚余ってるから入れ替えてもいいんだが……

 

雪精 ジャーベル

緑単のジャーベルはほんと強い。

手持ちになぜか2枚余っていたので採用。集まり次第未来設計図辺りと入れ替えて増量の予定。できれば4欲しいね。

 

霊騎ラグマール
掘師の銀

墳墓避け。コイツ自身4→6の強いムーブができるのでサソリスにつなげやすい。

 

次元流の豪力

ボアロ龍解したい時に出したいが大抵マナにいない。

ギョギョウから出すことを考えて、次元にプリンを入れるときもある。

抜いていいのではって感じだが消して弱くはない。

 

侵革目 パラスラプト

大量のマナブーストができる上、なんとコイツはタップインもしないのだ。やべぇ。

ピンチの時に、コイツ→墓地からギョギョウをマナに→コイツの効果でマナからギョギョウ自身をタップし、コイツをギョギョウに進化なんてこともできる。

疑似革命は相手の盾が2枚以下でも発動するので、事前にサンマ等で殴って置いて使える状態にして置くのもあり。

こう書くと2枚欲しくなる。

 

雪精 チャケ

ドキンダムを殺すカードだ。デッドゾーン殺すのもある。

2枚欲しいが余りが1枚しかなかった。

ある意味ギョギョウロックの最後の選択肢ともとれるカード。いや、実質1枚でギョギョウロックをしていると言ってもいいかもしれない。

 

龍覇 マリニャン

マリニャン経由でプロトギガハートを装備した最強のギョギョウが出き上がる。

また、ギョギョウから出すフリーズカードとしても活躍する。

 

古龍遺跡エウル=ブッカ

サソリスでは3だったが、ギョギョウのポテンシャルを活かすために4採用

ハンドに来てもキープして置きたいカード。

 

龍覇 サソリス

ギョギョウで延々に相手の動きを止めた後に投げ付けるフィニッシャー。

ギョギョウにできない、能動的に複数のクリーチャーを並べる役割を担う。痒い所に手が届く的な。

なぜか手持ちに3枚集まったので投入(DS時代の通常仕様が1、ブラボのホイル仕様が2)。

主人公のもとにはカード集まる的なあれか。

3で回しての感想は割と手札に来る。でもやはり4欲しいかもしれない。

 

革命目 ギョギョウ

コンセプトである最強の革命軍。

サソリスにできない、相手のターン中に行動できるカード。

堀師と合わせて、刺さるデッキ相手にはVAN大王ロックに匹敵するロックを形成する。

いつでも革命効果が腐らないのもポイント。というか進化クリーチャーの革命の効果はすべて自身のコストを下げる感じでよかったと思うんです。

4投がこのデッキのコンセプト。コンセプトなので4投。

 

光牙忍ハヤブサマル

防御札。この構築だと未来設計図の採用で、トリガーから引き込みやすくなった(こう書いておくと、未来設計図が強く見える)。

 

鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス

ワンショルートにも、全体除去ケアにも。

例えば、ヘルボにウェルカムヘル出されてスコップループができなかった時に、やばい龍解からの破壊されそうだなんて時にでもコイツを投げて置けばとりあえず延命できる。ジャリバンが見えてから投げ付けることができるのもいい。

 

邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス

潤滑油。ワンショの強い味方。

 

神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア
無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

サソリとマリニャンに。プロトギガハートからのギョギョウが最強。

 

勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

このカードにアクセスできるカードがミランダ1枚しか入っていない。ミランダと一緒に抜いてもいいかーと思う。

が、タップインが機能しなくなる後半でもコイツは強い。そこそこのサイズの2打点という点が、緑単に置いて欲しくなるカード。

 

龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド

ここの枠は調整する枠。

フォトレのブッカだったり、プリンだったり、プロトギガハートの2枚目だったり。

 

『ギョギョウを4入れる』

それがこのデッキのコンセプトです。

 

ギョギョウはサソリスにもイメンにも入る強力なカードですが、4積まれることはあまりありません。

ただ、このデッキはギョギョウのその圧倒的なコントロール性能に目をつけ、その性能を最大限に活かすために、最大限積める数である4積みをするという選択を行いました。

 

ギョギョウが複数立ち、スコップループができるようになった時のロック性能は素晴らしいです。またプロトギガハートの除去耐性は目を見張るものがありますね。

 

黒単と試したんですが、先にスコップループによるギョギョウロックさえ決まれば、ヴェイダーやジャリバンといった、相手が墓地に落として置きたいカードを、軒並みマナ送りに出来たので相性はかなりいいと思います。

 

他にはモルネクといった低コストクリーチャーを採用していないデッキもとれるでしょうね。

 

あと小技ですが、ピンチの時に、普通にオチャ等素出しからの、その上に1コスでギョギョウを乗せるって感じで、3~4コストで疑似SAの2打点用意できるんで強いです。

 

サソリスやイメンに比べると、余りもので強化した感があるので、まだまだ練りをする必要がありますね。

 

以上になります。