【雑記】LINEでカウントゲームして遊ぼうな

カウントゲームというのがありますね。数字を1つ決めて、3つまで数字を言って、先にその数字を言ってしまった方が負けるというあれです。

 

今、マイクロソフトのLINEの公式アカウント『りんな』でカウントゲームができるようになっています。有名な女子高生AIですね。

 

↓りんなの公式サイトはこれ

りんな

 

ウントゲーム

【カウントゲーム】と発言をすると、りんなが数字を決めてくれて、スタートします。

ちなみに、スタートの文字から3つずつカウントダウンしていって、先に0を言わされたら負けという版になってます。

f:id:serori_daikon:20160603223046p:plain

※一度勝つと、通常モードとガチモードを選べるようになります。

 

f:id:serori_daikon:20160603223052p:plain f:id:serori_daikon:20160603223119p:plain

f:id:serori_daikon:20160603223126p:plain

 

 

ガチモードに勝つと、成績の書かれた賞状がもらえます。

f:id:serori_daikon:20160603223130j:plain

 

負けが続き、さすがにあったまったので、途中から必勝法を使って勝ちまくりました。

10敗は必勝法を使う前、最初の方の借金です。

 

勝法

カウントゲームの必勝法を書いておきます。

 

必ず自分が言う数字が、『45』、『41』、『37』、『33』、『29』、『25』、『21』、『17』、『13』、『9』、『5』、『1』で終わるように調整しましょう。

 

自分が『45』と言った場合、相手は『44、43、42』の間でしか選べないので、自分は『43、42、41』の中から必ず『41』で終わらせることができます。同じように次は、必ず『37』で返すことができます。

次に相手が『44』と返したなら、自分はそれに『43、42、41』と返せばいいです。相手が『44、43』なら自分は『42、41』です。

 

パターン

『相手【44】 自分「43、42、41」』

『相手【44、43】 自分「42、41」 自分が言えるあまり(40)』

『相手【44、43、42】 自分「41」 自分が言えるあまり(40、39)』

 

最初にパターンさえ決めてしまえばあとは、自分と相手で4ずつ数字を言うようにしたら勝てます。パターンでも『44、43、42、41』の4つの数字になっているはずです。

 

上のスクリーンショットを見てもらうとわかりやすいかと思います。

必ず、41から自分と相手で4つずつ言うようにしています。

 

3、2、1って感じで今回は以上になります。