【雑記】デッキはカードの集まり

書く時間ないんで、とりあえずTwitterで書いてたことを練り直して上げときます。

↓常体ですが無視してください。たぶん『動き』とはなにかの考察でもしていたんでしょうかね。

カード1枚を1枚とみるとただのカードなのだが、2枚集めて、コンポのパーツの内の1枚とみると、そこに意味が生まれる。

その繰り返しで40枚集めると、デッキができるわけだ。

デッキ1つを40枚のカードの束とみると、ただの40枚のカードの束なのだが、カードの束が2つ、つまり80枚集まるとゲームが始まる。
ただ、カードが80枚あっても1人じゃ試合は始まらない。

カードゲームというものは、対戦相手がいて初めて娯楽として成立するのだ。
これが、自分が楽しむだけじゃなく、相手も楽しめるようにしなければならないと思う最大の理由だ。

これはなにもTCGだけに限った話ではない。格ゲーでもFPS等でも同じだと自分は感じる。

ソリティアはやめような。