読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑記】大学生が読むべき本とは何なのか

今日は久しぶりに持論を振りかざすぞい。

 

書き溜めてたデュエマの記事が底を尽きました。タイトルだけ考えてるのは多いんですが。

まぁそんなんでたまには持論を。


よくブログで『大学生にオススメの本 10選!』とか『学生時代に読んでおきたい本 20選!』とか、書いてらっしゃる方おりますよね? あとは『大学生にオススメの漫画!』『ブロガー向けの本』的なね。

いや別に『大学生にオススメの本 10選!』とか『学生時代に読んでおきたい本 20選!』とか『大学生にオススメの漫画!』とか『ブロガー向けの本』とか書いてる人に対して喧嘩売るつもりはないです。

 

実際ちらちら見ると「おぉーん、メッチャおもろそうやん。(金に余裕できたら)買ってやったろ!」的な気分にさせられます。

いつまでたっても金に余裕ができないんで買った記憶ないっすけど。

 

まぁ、大体載ってるのは、ビジネス書だったり自己啓発本だったりで、4、5冊ぐらい被ってますよね。『いい本』ということの証明なのか、似通った本に収束してしまうのはしょうがないんでしょーが。

いや全然言いたいことと関係ないんですが。

 

実際、買って読んだところで、参考になるかと言われたら、かなり微妙な感じなんですね。

確かに参考にはなりますよ。

 

大学から、「この本は読んどこうねー?」って言われた本もね、読んでる最中はメッチャ面白いんですよ。すげぇ参考になる本だってのはわかる。

ただね、自分の腐ったプリンみたいな脳みそじゃ、実生活で役立ったことないだよなこれが。PCで例えるとRAMみたいな感じ。寝て起きたら忘れる。

20歳まで覚えていると死ぬ単語、あやふやです。『紫キャベツ』でしたっけ? いやまた話が逸れる逸れる。

 

具体的に言いましょう。

今僕の目の前に『思考の整理学』という本があります。あの『なせ東大生・京大生はこの本を読むのか?』っていうなかなかに挑発的な青い帯を掲げてる例のあの本です。メッチャ面白い。しかもなかなかに分かりやすい。

面白くて分かりやすいから、ちょっと前に出た本なのにも関わらず、今でも上に挙げた様なブログには取り上げられてますよね。

 

読んでる最中に「面白い考えだな」とか「共感できる考えだな」とか、「参考にしたいな」思ったのはいくつもあるんですよ。

それこそ片手じゃ足りないぐらい。(二進法なら片手でもワンチャン?)

 

記憶から消える

ただまぁ、内容見ずに話せって言われても言えないんですよね。コピーのコピー。

筆者の脳内のコピーを目で見ただけなんで、実際は深く理解できてないんです。

本当に重要そうなところには、一応付箋貼ってるんで、ページを開けば「やっぱ面白い考えだな」「やっぱ共感できる考えだな」って思いますよ。でもね、寝て起きたらそれこそRAMのように消えてるんですよ。記憶障害を疑うほどに。

 

「1回読んだだけで理解できないなら、何回か読めば?」って正論もあるけれども、1冊の本にそんなに時間かけますか? って感じ。

1冊読むのに1時間弱かかるわけじゃないですか。パラパラ本をめくるにしても、1回辺り30分~1時間はかかります。内容を理解するのにじっくり読むならもっともっとかかりますよ。

 

んな余裕、腐れ大学生にないんですわぁ……

デッキ構築に時間とられてんだよなぁ……(特にとられてない)

 

高い

あと高い。あーいうのって1000円を普通に越してくるじゃないですか。安くても最低ライン700円ね。

金ない。

10冊も20冊も買えますか?


それ以前に10冊も20冊も買って読みますかね~?

僕は積む自信がありますね。


題の本題

僕のような趣味に忙しい大学生としては、金も時間もないわけです。恋に忙しいやつらはもっと金も時間ないな。

特に他に読みたい本を積んでいる場合、同じ本を複数回読むのは、極めて無駄に感じます。

 

とにかく、長期的スパンで見た場合、読む前と読んだ後で変化が具体的に現れなければ、どんな本読んでも意味ないわけじゃないですか。スパンとか使ってちょっと知的に見せようと頑張りましたけど。

 

僕は、長期的スパンで見た場合に、読む前と読んだ後で変化が具体的に現れる自信がないので、おそらくどんな本を読んでも無駄です。

 

いや、ちゃんと言っときます。

自分は将来起業したり考えてないんで、ビジネス書は無駄じゃないですか。たぶんハナっから脳が理解しようとしてくれない。

自己啓発本はクソなんでパス。自己啓発するつもりもないんで。

 

というか、そういった本を読んだ時点で、筆者に脳の構造で負けていることを認めるハメになるじゃないですか。「自分は本を読まないと物を考えられない程度の低い人間です」と烙印を押す事になりません? そんなこともすぐ忘れるんですが。

同じ人間なら自力でその真理にたどり着ける筈なんですよ。理論上は。

 

文章学んでる勢としてはともかく、趣味でブログ書いてる勢として『思考の整理学』はマスターして置くべきなんでしょうが、思い出そうとしても全然思い出せませんわ。

趣味でやってることにぐらい活かすべきでしょう普通。

 

僕もそのうち、記事数を稼ぐために『現役芸大生が教える大学生が読むべき本10選! 【ブログ書いてる人にもオススメ】』的な記事書いてみましょうか。

まず本棚見て10冊探すのが辛そうです。10冊も人に勧めるべき本がない。

 

そういえば、『大学生にオススメの本 10選!』とか『学生時代に読んでおきたい本 20選!』とか『大学生にオススメの漫画!』とか『ブロガー向けの本』とか書いてる人も、記事書くときに何も見ずに選んでる、なんてことないですよね?

少なくとも本棚見て厳選してる筈ですよね。そんなに脳内で自己完結できてるなら、もういっそソイツが新しく本書けよってレベルな気がします。


以上や~