読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デュエマ】最短の日本語は秋田弁らしいが……

デュエマ 時間の無駄

秋田弁、ご存じでしょうか。

 

秋田弁は「け」と「く」で会話ができるんです。
溶けた日本語ですね。
といっても秋田に関わらず東北では使ってるところもあるので、秋田弁というより東北弁の方がしっくりきますね。ソースは地元。
 
さて、「け」は「食え」が縮まって、「く」は「食う」が縮まったようです。
発音的に若干「けぇ」「くぅ」な気がしなくもないですが1文字ですね。
でも、1~2文字程度で会話ができるってすごくないですか?
 
「め」で「美味しい(うめぇ)」というのもありますね。秋田弁は語彙が終わってます。
 
さて、1文字ないし2文字で会話ができる言語、身に覚えありませんか?
 
そうです。「ペ」「マ」です。
 
DMP言語で、「ペ」は「ペス」の略であり「マ」は「マジ」の略ですね。
 
「マ?(マジ?)」もあります。「こマ?(これマジ?)」も抑えておきたいポイント。
 
他には、「ん」でしたい動作が伝わりますし、「は?」で若干イラついてることが伝わります。「っけ」だと「オッケー」ですね。
「アレ」「コレ」「そり」で色々なことを指し示すことができるのも強い。
 
使いどころが食事に限られる秋田弁に比べて、「ペ」は日常生活でも使いどころが多いのが、利点ですね。
ペスには無限の意味があるのでアドがあります。
 
「アド」「わかる」「それな」短い言語はまだまだあります。奥が深いですね。