読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【デュエマ】超電磁 パックEの考察

何気に面白い動きができそうなパックE。

 

f:id:serori_daikon:20160228210808j:plain

【超電磁 パックE】
サイバー・コマンド
水文明・コスト5
パワー5000
■パック進化―自分のデュエルマスターズのRev未開封拡張パックをひとつ、バトルゾーンに出し、このクリーチャーをその上に置く。

■このクリーチャーがシールドをブレイクした時またはバトルゾーンを離れた時、このクリーチャーの下に重ねた拡張パックを開け、その中から1枚を手札に加える。残りは自分のカードコレクションに加える。

 

能力だけ見ると、カモン系呪文と似たような感じでネタにされがちである。

コイツの強いところは、場やデッキに影響されず進化元を揃えられる点。

言ってしまえば、コスト5・パワー5000の擬似スピードアタッカー。

 

侵略者の進化元に

コスト5の水の「コマンド」なので、色々な種類の侵略者に繋げられる。

オススメはやはり大型の侵略者の「超奇天烈系」。

f:id:serori_daikon:20160228211634j:plain f:id:serori_daikon:20160228211625j:plain

 

さらに中型の侵略者にも使いやすいのは存在する。

f:id:serori_daikon:20160228212016j:plain f:id:serori_daikon:20160228212006j:plain

 

《奇天烈 レイズ》は死んでもコイツだけ手札に戻ってくる。つまり手札に《パックE》が存在していれば次のターンも強襲できる。しかもブロックされないW・ブレイカーであり、パワーも高め。

 

《ガチャンコ ガチスカイ》は、攻撃後にドローができるので、後続を引きやすくなる。

 

一度進化すれば、《パックE》のブレイク時の効果は発動しないため、場にパックが残る点が重要。

パワーが高めで、効果でも処理されにくい《超奇天烈 マスターG》や《奇天烈 レイズ》がやはりオススメであろう。

 

しかも、侵略者はすべて《パックE》の進化元になるRevパックから出るため、運が良ければ後続を擬似サーチできる。

無論《パックE》から《パックE》を呼ぶこともできる。運が良ければ、無駄にでかい《エグセドライブ》みたいな動きができなくもない。

 

進化の利点

そして、進化することの利点として、場を離れた時《パックE》の進化元のRevパックは開封して、その中身も全て同じゾーンに置くとが挙げられる。

つまり、マナゾーンに置かれれば「侵略者」+《パックE》+5~6枚のカードがマナゾーンに、手札に戻されれば同じく7~8枚程度のカードが手札に来るということ。

アド。

 

ッキ考察

《パックE》のデッキには自然文明を入れることをオススメしたい。

まず、《フェアリー・ライフ》や《フェアリー・ギフト》で、早ければ3ターン目には《パックE》が出せ、侵略者に繋げられる。

さらに、《パックE》の効果で、新たに手札に加わったクリーチャーも、マナが多ければ使いやすいという点も大きい。

 

先ほど挙げた、進化すれば進化元のパックも別のソーンに移動するという利点を活かすために、《掘師の銀》でマナ送りにすれば、除去と同時に5~6枚もマナが増える。《霊騎ラグマール》でも可能。

マナゾーンに行ったパックEは、増えたマナで《母なる聖域》を唱えればまた出せる。戻すクリーチャーは、《掘師の銀》などにすれば無駄がない。手札さえあえば、同一ターン中に行える点も評価したい。

チカラはあります。

 

また、自然文明が入るということは《ドンドン吸い込むナウ》を使えるということ。バウンスの指定を侵略者にすれば手札アドを稼ぐこともできる。

 

しかも、キーカードの《超電磁 パックE》や、今挙げた《フェアリー・ギフト》《掘師の銀》《ドンドン吸い込むナウ》などのカードは、全て超ブラックボックスパックに入っているので、比較的集めやすいという点も評価できる。

余ったパックは《パックE》の進化元にできる点も見逃せない。

 

侵略者でビートメインにするか、アドを稼ぎながらトリッキーな動きをするか、戦略によってもかなりデッキ内のカードの割合がかなり変わってくると思う。

試しに組んで友達と一緒にパックを剥きながら戦ってみれば、話の種にもなりそうだし面白そう。

 

※デッキ内容はちょっと調整中なので載せられない。完成次第載せると思われ。

 

 

今月の月間アクセス数が1000を越しました。みなさんのおかげです。この場を借りて感謝。