Facebookは糞

2015年の春、大学のサークルみたいなので連絡用にFacebookをはじめさせられました。

それから早一年が経とうとしています。

ですが、僕は一度もFacebookに記事を投稿してません。

 

名性のなさ

Facebookは本名登録しなければなりません。

SNSというのはいわば匿名性の仮面を被って、現実の自分とは違う姿を見せるツールだと思っています。

Twitterでの僕は普段言わないような事をバシバシ言いますし、逆に普段の僕はTwitterで言うようなことを自重して言っていません。ネット弁慶というのもまた違います。

 

あえて本名を出す意味ってあるでしょうか。名前が違う、というだけで僕にとって大きなアドバンテージです。

 

正直言いづらいんです。現実の僕に責任を背負わせてしまうようで。

 

友人かもに、中学のリア友をチラホラ見かけます。中学以前と高校以降とでは僕のスタンスも大分変わってます。どっちに合わせて発言すればいいんでしょうね。

 

もし僕がネットスラング満載の「今日は○○○○ってアニメ見たンゴwwwワロタンゴwww」「あ^~心がぴょんぴょんするんじゃ^~」みたいな内容の記事を書いたとします。まずFacebookじゃいいねもらえないでしょうね。

 

また教授陣も目にするわけです。教授陣が僕の発言をぱっと見て「あぁ、こんな馬鹿な事を言ってるのはコイツか」となるのはイヤです。

そこに面白みがないからです。ユーモアの欠片も感じません。

 

例えば、知り合いが教授に「コイツTwitterでこんな馬鹿なこと言ってますよw」とか言言うのは全然いいです。

「コイツこんな馬鹿なこと言ってんのか」みたいに僕を話のネタに使うことは全然してもらって構わない。

そこにはユーモアがあります。

 

どことなくFacebookには堅っ苦しさというか、選民意識というか、意識高い系の雰囲気を感じ取ってしまっているのが現状です。

僕は「いいね!」が欲しい訳じゃない。

 

真面目な話題しか取り扱ってはいけないような。

Facebookは大学のレポートかなにかなんでしょうか。

もっと壊れた日本語を使ってもいいんじゃないかと思います。「おちんちん!」と呟くこともできないなんて、間違っている。

 

Facebookの必要性

例えば僕が、短めな文章や一言ネタを書こうとしたとします。僕はTwitterを選びます。

例えば僕が、ちょっと長めの文章を書こうとしたとします。ブログに書きます。

 

僕が身内で連絡を取ろうとしたとします。LINEでいいです。何ならTwitterに専用の垢を用意してもいいでしょう。

 

別にFacebookじゃなくてもいいじゃん! ってなってるわけです。

 

なんか中途半端なんですよね。Facebookは。器用貧乏といいますか。

 

シェア機能も要りません。TwitterのRTと違って、スマートフォンの画面を占領して邪魔です。

 

 

あ~、リア充になってオレもフェイスブッカ―になりて~(非リア)!